このブログを書く理由・とりあげかた

二十数年前、賢治のある作品の色名に対する脚注に疑問をもった

その年「宮沢賢治語彙辞典」が出版されたので、さっそく購入

その色そのものが取り上げられていなかった

取り上げられた色名も所詮言葉による説明なので、色そのもの

を想像することは困難であることを免れない

 

どなたかが、賢治の作品のなかの色名についての著書だしてくださらな

いかと期待しながら、二十年ちかくが過ぎた。自分でやってみようかと

考えるようになってからまた数年が経った

残り時間も少なくなってきたので、力不足をかりみず、できる範囲で

書いてみることにした

すこし化学の知識があります。これが役立つかもしれません

 

とりあげる順序はまず所有している絵本から

自分で色を作ることができたものから(全部はできないいが)

このブログを書く理由・とりあげかた」への3件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>